人気ブログランキング |

英国紀行

zzr1100h.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 04日

Air Mail (2019.4.4)

f0294370_22544108.jpg
これはマラザイアンで入った教会から
届いたものです。

私はてっきり貸しコテージのリトルヘブンのオーナーである
ジュリアからかと思ったのですが
最後のサインにロジャー&アンと書かれてあるのを
ヨメがみつけマラザイアンで入った教会での
牧師&夫人(オルガニスト)のものと
判明しました。

この時に娘が一緒だったら
ここのオルガン弾かせてもらえてたんですけどね。

先の手紙もコーンウォールから、今回も・・・・・
コーンウォールは是非とも行きたいのですが
そりゃまあ、ロンドンからLCC飛ばせば
すぐなんですがナカナカね~。

みなさん、またいつかイギリスで会いましょう!



Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF 23mm/f1.4 R
Film Simulation(Velvia)


# by ZZR1100h | 2019-04-04 23:02 | England 2018 | Trackback | Comments(2)
2019年 03月 16日

Air Mail (2019.3.15)

f0294370_22025840.jpg

f0294370_22025119.jpg
アスペクトホリデイのエイミーから
カードが届きました。

というのも、去年のクリスマスにヨメが
教会で余ったクリスマスカードを譲り受けたので
これらを2018年のイギリス旅行で世話になった方数名に
送ったもののお返しでした。

まあ、内容は

”また逢いたいですね。
その後、、私(エイミー)は結婚し
この5月に出産予定です。”

といった感じですが
嬉しいのが、このご時世に手書き
それと・・・・何よりも親身になって宿を探してくれた彼女の
幸せな近況報告。

まあ、コーンウォール地方へ行く確率は
ヨメの相当な気まぐれが無い限り
かなり低いのですが
次に行く機会があればエイミーと
お子さんを写してきたいですね。

以上、番外編でした。


Aspects Holidays

Aspects Holidays / marazion hotel




Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF 23mm/f1.4 R
Film Simulation(Velvia)



- -More Than A Memory-
By Carly Rae Jepsen


# by ZZR1100h | 2019-03-16 22:21 | England 2018 | Trackback | Comments(4)
2018年 07月 06日

Osaka Japan (2018.6.4)


今回はいつものフレーズは使えません。(笑)

だって、寒風は吹いてないですもんね。

もう3度目になりますね。
慣れたとはいえ
やはり、この日のこの瞬間は
いくら味わっても好きになれません。

だからこそ次へ・・・・となるんでしょうけどね。

今回は行きと帰りに使う航空会社を変えてみました。
CDG(シャルル・ド・ゴール)を見てみたい。
そしてAMS(オランダ スキポール)でゆっくりお茶したい。
ただそれだけのことで
ちょっとイレギュラな航空チケットの取り方に挑戦してみましたし
エコノミーのクセに無料期間に入ってから
席を指定するということも・・・・

予約がヤヤコシイ寝台列車を予約し
それをしそこねて、全ての宿の予約をズラし
空白となった時間を可能な限り有効に使えるよう
計画を練り直しました。

そして以前からづっと考えていた
どうにかして交通費を節約する。
(バスを無料で乗るのは違いますよ。(笑))

その結果、2人で30%OFFとなるチケットを申し込むことになり
イギリス版のインスタント自動写真機で
証明写真を写すことになり、これまた使い方が分からず大騒ぎし
係の人を探し回って助けてもらい。
無事に30%OFFチケットをゲットし
オイスターカードも作り、その便利さを初めて実感!

そして何よりパブデビュー。
これは楽しかったですね~。
食事の幅が広がりましたし
イギリスで飲むビールの美味しさがわかりました。
(また行くよ~)

あぁ~ヤバそうなトコロにも行きましたし
その反面、冬とは違う楽しく美しいイギリスも楽しみました。
まあ・・・・・
色んなことがあったので
今日の記事だけでは書ききれません。
当然ですよね。
たかだか2週間足らずの出来事を
1カ月以上に渡って、ダラダラと書き連ねているんですもんね。

でね。ヒヒヒ
もう次の事言い出してるんですよね。
まあ、後悔・・・・ではないのですが
それに基づいて、次はこうしよう!ああしよう!
あそこで何か食べよう!

な~んてね。


あ!

今日、ヨメに言われましたね。

私:オレらってさ~なんか、イギリス行くごとに厚かましくなってない?(笑)

ヨメ:私は何も変わってないよ。アナタの海外旅行に対する考え方がかわってきただけだよ。


ってね。


そんな夫婦、いてもいいじゃないですか。(笑)

ということで、今回の英国紀行
これを持って終了します。
お付き合いいただきありがとうございました。m(__)m



Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF 23mm/f1.4 R
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Film Simulation(Velvia)
Film Simulation(PROVIA)


- Summer (Kikujiro) -

By Joe Hisaishi

PS:毎度のことではありますが
Thank you for your kind .
月並みではありますが
本当にこの一言に尽きます。m(__)m




Supecial Thanks

# by ZZR1100h | 2018-07-06 22:11 | England 2018 | Trackback | Comments(5)
2018年 07月 05日

London 3: Covent Garden / Regent Street

f0294370_22055265.jpg
f0294370_22055585.jpg
f0294370_22060180.jpg
f0294370_22055754.jpg
f0294370_22060396.jpg
f0294370_22055996.jpg
f0294370_22060663.jpg
f0294370_22410714.jpg
f0294370_22060795.jpg


タワーブリッジに行く途中で
たまたまヨメがコベントガーデン行きのバスを見つけていました。

そのおかげで、タワーブリッジからコベントガーデンまでは
道に迷うこともなく・・・

で、ここで便利なのが
オイスターカードで
別にこのカード、牡蠣(オイスター)を
たらふく食べられるというモノではなく
エリアの規制こそあれ
これ1枚持っていれば
地下鉄とバスは現金を持たずに乗れ
同じ路線(A駅~B駅)を1日に複数回以上乗っても
料金を引かれるのは1回分だけという
特典?があるカード、速い話がプリペイドカードなのですが
ややこしい手続きも一切なしで
自販機で購入できますし、嬉しいことに無期限
カード返却なら払い戻しアリというカードで
改札なり、バスの料金を払うところで機械にかざし
”ピッ!”っとやるだけでOK。

と、こうしてロンドンを巡りをしていますが
入金したのは入国した時で
この日の交通費はゼロ円であります。

さて、コベントガーデン・・・・
とは言っても、何処がどうなのかが
イマイチ解らず、テキトーに歩いたのが1枚目と2枚目
そしてここに来た目的は、リージェンツストリートを見に行き
店内を散策して写真を撮ってくること!

【The East India Company】・・・・・
日本語で書くと・・・・・

歴史の教科書に少しだけ出てきますよね。

まさかホンモノではありませんが
それでも、ここのオーナーは
れっきとしたインド人で店員には
中国人も・・・・

あ!、日本人の店員さんもいますよ。

オーナーがインド人で
店員(使用人)が中国人というのと
イギリスの中心部、しかもリージェンツストリートという
バーバリーとかの超高級店が並ぶ場所に
店を構えるというのも・・・・

少し勘ぐってしまいますよね。

で、ここでアールグレーと
エリザベス女王の何かの限定版の紅茶を2缶
お菓子を3パックとお土産用の紅茶パックを少々。
結構しましたよ~。
紅茶なんて神戸牛並ですしね。
でも美味しかった~。

で、リージェンツストリートのこのカーブ・・・・
素晴らしいですよね。
しかし、さすがはロンドンだし
道行く人もお洒落だし、スタイルいい人も多い!

んんん・・・・こういう街って
ヤッパ好きだなぁ~。
この辺りはイギリスに来たら絶対に行くべきでしょうね。
感性が研ぎ澄まされていく感じがしました。

で、最後から3枚目ですが
Royal Academy of Arts
という建物の入り口で
今回のイギリス旅行も色んな写真を撮ってきましたが
私の中では、これが一番のお気に入りですね。

そして、最後の一枚
これが今回のイギリス旅行で一番うれしかった出来事です。

ここは、ロードスの近くにある
というレストランで
ガラスに書かれてある屋号を写そうとしたら
ガラスの向こうで
マスターと奥さんぽい人が
肩を組み、ニコニコしながらこっちを見ていたので
「それならば!」と
私が、外へ出てきて!とばかりに手招きをしたら
出てきてくれたので
それなら皆で撮ろうよ!と
これまた手招きしたら
みんな出てきてくれ、それを写そうとしてたら
店員さんの一人が私の手からカメラを取り

「キミも入れ!」
この言葉は嬉しかったですね。

そして、皆で撮ったのが最後の写真。


当然、周りで見ていたお客さんや
道路の向こうを歩く人たちは大笑い。

イギリス最後の夜に本当に楽しい人時(「ひととき」わざとこの漢字を使いました。)を
過ごすことができました。






Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF 23mm/f1.4 R
Film Simulation(Velvia)
Film Simulation(PROVIA)


# by ZZR1100h | 2018-07-05 23:04 | England 2018 | Trackback | Comments(6)
2018年 07月 04日

London 2 Tower Bridge (2018.6.2)

f0294370_21515682.jpg
f0294370_21515587.jpg
f0294370_21515240.jpg
f0294370_21513578.jpg
f0294370_21512955.jpg
f0294370_21512694.jpg
f0294370_21511347.jpg
【 England 2018 】

まず初めに・・・・・・
これは”Tower Bridge ”でありまして
”London Bridge”ではありません。

近くで焼うどんを焼くオッサンの誘惑に負けず
やってきましたタワーブリッジ。

ここって、イギリス来たらの”お約束”なのに
なぜか今まで放置プレー。
でも、今回で良かったのではないかという気もします。

ほら・・・・
今回の”英国紀行”の写真って
そのほとんどに青空がでてますもんね。
先ず冬では難しかったでしょうね。

で、ですよ。
勿論、このタワーブリッジも登れるのですが
ここ・・・・高すぎますよ。
あ!高さでなくて値段ね。
それに観光客、ババ混み!
そして、対岸には、ロンドン塔もあって
そこにも行こうかとヨメも言ってくれてたのですが
そこの入場料もメチャ高い!

んんん・・・・・
この辺りは、世界一物価が高いロンドン!
流石です!
つか、メイさん、もう少しリーズナブルにしてくださいよ~。(笑)

というところで、ボチボチとお腹もすいてきたということで
近くにあった、itsu(イツ)という和食ファストフード店にはいり
面白半分で、ここでいう”○×うどん”なるを食べてみました。

ヨメはベジタブルうどん?
私は、餃子ベジタブルうどん。

ハッキリ言いましょう!
うどんだと認識さへしなければ
マヅくない程度に食べられます。
ただし、麺は、うどん粉を使ってるようですが
きしめんを一回り細くしたような感じで
形状はきしめんの如くにペッタンコ。

特にわたしが注文した
餃子ベジタブルうどんというのは
文字通り、餃子が入っていて
まあ、それは変わり種として許せますが
問題は出汁です。

あ!そうそう!
ここって経営者がベトナム人のようで・・・・

あれは、カツオやコブの出汁・・・

ではなく!
まず間違いなく

トムヤムクン

で、麺があんな形状

つまり”ウドン”と語った

トムヤムフォー
ほかなりません!


ロンドンで本気で和食を食べたいのであれば
日本人が経営している”うどん屋”もありますし
先に書かせてもらってる
”焼うどん”のオッサン
それに、日本の外務省が作ったという

が良いでしょうね。


つぎはコベントガーデンへ向かいます。
ここの日記の予定が大幅に延びてしまっていますが
どうかお付き合いくださいね。m(__)m

Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF 23mm/f1.4 R
Film Simulation(PROVIA)

Ps:
istuにて枝豆も食べましたが
豆が入ってるサヤ?の両端を切らずに
塩ゆでしてるものだから
塩味もウスイうすい~。(笑)


# by ZZR1100h | 2018-07-04 22:40 | England 2018 | Trackback | Comments(4)