英国紀行

zzr1100h.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 09日

Media City UK

f0294370_22473225.jpg



f0294370_22471791.jpg



イギリスを想像するには、かけ離れている。

そんな街がここ【マンチェスター】にできつつある。

それが【Media City UK】
ここはできてまだ3年というひじょうに新しい町で
日本で言う新興住宅街といった感じであり
これからイギリスへ行こうと思われるのなら
ここに拠点を置き、移動されることをお勧めする。

なぜなら、破格な値段で
アパートメントホテルを借りることができる。
このアパートメントホテルというのは、メイドサービスも食事もないが
寝室が2部屋(内一部屋はシャワー・トイレが付いている)
キッチン(食器・台所用品・洗剤付き)
掃除・洗濯機材
もちろん、主シャワールーム・トイレ有り
しかも7階部分の新築。

後は、食材さへ調達すれば自炊可能。

それで、1泊5000円程度。
しかもマンチェスターピカデリーまで電車で30分。

近くには、【costa】という、スターバックスに似たような店と
アウトレットのショッピングモール(食い物屋あり)。
それと、BBCがここに来てました。

【The Heart Apertments Media City UK】
【BBC】
【costa】


Ninja
Photo Warehouse
Postscript>
~撮影機材~
<MINOLTA α-Sweet / FUJICHROME PROVIA 100F>


ps:
これは余談ですが、この街に着き、ここて滞在する【The Heart Apertments Media City UK】に
チェックインしたのは実に18時を過ぎていました。
当初の予定であれば、16時には日が暮れてしまうので
それまでにチェックインは済ませておくはずだったのですが
電車を降りる駅を間違ってしまい、仕方なくバス停を探すも見つからず
せめてタクシーをと、それを探すのですが
タクシーも日本のもののように行燈とかは付いておらず
普通の乗用車なので、どうすればいいものかと
理解し難い地図を片手に悩んでいましたら
自転車を押した、とある英国紳士が話しかけてきて
自分の家が近いからと(実際のお家は違うところにあり)
自転車を押しながら、人に道を聞きながら約1時間にも及ぶ道のりを
私達と共にホテルを探してくれ、チェックインの手続きまでしてくれたので
何かお礼をと申し出ると、

”そんなことはいいから、まず、その大きな荷物を部屋へ置いてきなさい。”

そうです。
彼は名前も告げずに立ち去るつもりだったようですが
それを見抜けないほど、私の眼は落ちぶれていません。

ヨメに、彼は黙って立ち去るつもりやから
彼に渡すべき土産をここで出せと指示し
後で日本から一緒に撮った写真を送りたいからと
渡したメモに記されていたのは
彼の名前でもなければ、住所でもなく

【Have A Nice Trip ! 】

の文字。

なんと気持ちの良い!
[PR]

by ZZR1100h | 2012-12-09 23:21 | England 2012 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://zzr1100h.exblog.jp/tb/19849860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 柳子 at 2013-06-19 07:13 x
コスタ(?)懐かしいですあと海賊みたいなマークのをよく見かけました駅で
Commented by ZZR1100h at 2013-06-19 22:00
★柳子さん。
>>コスタ(?)懐かしいです

コスタはよくありましたね。
ナカナカよかったですよ。

>>海賊みたいなマーク

コンビニですか?
駅で比較的ゆっくりできたのがヨークでしたが
その【海賊マーク】までは見てなかったので
ちょっと解らないっす。

バーガーキングもありましたし・・・・・

あ!マンチェスターピカデリーでお店がいっぱいあり
パン屋さんにも立ち寄りましたが
マークまでは見てなかたっす。


<< National Railwa...      King's Cross >>