英国紀行

zzr1100h.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 29日

Paddington 1 (2015.11.26)

f0294370_2264885.jpg



f0294370_2255361.jpg



f0294370_225388.jpg



f0294370_225148.jpg

England / France 2015

カンタベリーウエスト駅から
ロンドンヴィクトリア駅までは乗換もなく
何の問題もなく到着。

さて、このロンドンヴィクトリア駅ですが
ちょうど中途半端というか・・・・・
ロードスホテルのあるパディントンまで
歩けない距離ではないのですが
兎にも角にも重たい荷物を持っているので
出来ればバスで・・・・・
と、バスのチケットを買おうと窓口まで行ったのは良いのですが
”オイスターカード(一日券)”しか売っていないというし
また、チケット売り場を探してウロつくのもしんどい話なので
歩くことに・・・・・・

と言っても、北方向か、ハイドパークが判れば
ロードスまでは問題ないので
とりあえず磁石が指す北方向へ向かいながら
ハイドパークを探すべく、人に・・・・・いや~運よく警官に聞くと
北方向を差し
”真っ直ぐに行きなさい。”

はい。大当たり!
つか、先のイギリス旅行でも、ハイドパークは何度も歩き
ここを中心にして観光してましたから
もう、ここまで帰ってくると後は楽勝~。

その甲斐あって、凡そ30分後にはロードスに到着
今回の旅行2度目のロードスへのチェックイン。

フロントクロークは例のステファノ。

ここで、改めてヨメが尋ねる。

そう・・・・・
ロードスには、過去1年以内の宿泊歴があれば
いくらかの割引が受けられ、さらに今回はFB(フェイスブック)でのクーポンがあり
両方を合わせると30%OFFとなるのですが
日本国内から、そのことをメールで問い合わせると・・・・・・・
予約した部屋は、すでにディスカウント料金だから
値引きの対象にはならないと言われていたのですが・・・・・・

割り引く代わりに
同料金で部屋をランクアップしてくれるというので
これを快諾し、どの部屋かと彼の後についていくと・・・・・・

なんと!ロードスで一番高く、そして一番良い部屋でした。

なんというサプライズ!


まあ、こういうことはステファノの采配で出来ることではなく
おそらくはオーナーであるクリスの指示によるものでしょう。
たぶん、11月18日に私達がチェックインした時は
私たちの事は忘れていたのでしょうけれど
私がプレゼントした前回宿泊した時に写した
記念写真と今はいないスタッフの写真を見て
思い出してくれたのでしょう。

そういえば・・・・・・
「今回、お嬢さんは?」と聞いていました。

で、実は、この部屋
本当は私等が無理をしても泊まりたく思っていたのですが
やはり高いので、今回はパスしていた部屋だったので
彼らによる、このサプライズは
本当にうれしいモノでした。

その後は、ステファノに調べてもらい【うどん屋】なる店へ行ったのですが・・・・・
入店以前に、これは正しいうどんではない!
半ば怒り心頭になりながら(笑)、うどんは諦め、
予定を変更し、隣がケンタッキーというフライドチキン屋にワザワザ入り
フライドチキンで晩飯~。

その後は、疲れを落とし帰りのフライトに備え←備えあれば憂いなし!(笑)
【体調を整えるモード】にじょじょに戻すため
早々に、バスタブに・・・・・
そして、先にヨメが風呂に入ることになり部屋で待っていると・・・・・

ゴォ~ボコボコボコという
地響きを思い出させるような轟音が・・・・・
それでも、建物が揺れた感じもしないしと思っていると
またも、ゴォ~ゴゴゴゴ~ボォ~コボコボコボコボコ

「な、なんや!」

コレ・・・・ジャグジーの泡が出る音だったのです。

「凄い音・・・・・」

ホントにこのホテルの風呂にはいつも驚かされます。(笑)
前回はコレ→Rhodes Hotelですからね~。

まあ、もっとも、私等がここを選ぶ理由の一つは、こういうところにもあるんですね~。

明日は最後にもう一発!
サプライズが!(笑)


Ninja
Photo Warehouse
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-M1
XC 16~50mm/f3.5~5.6 OIS
Film Simulation(Monochrome) / (PROVIA

[PR]

by ZZR1100h | 2015-12-29 22:06 | England 2015 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://zzr1100h.exblog.jp/tb/24814486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yaguchitenga at 2015-12-30 05:50
まあ、重い荷物を持って歩くのが好きですね
僕だったら多少ぼられるのを覚悟して
タクシーかリキシャ―を使いますけどね
イギリスにも「うどん屋」があったんですか
でも正しくない「うどん屋」だとかで
僕も1度目のインドの時正しくないすき焼きを食べた事があります
味は、マアマアでしたね
ケンタッキーじゃなくイギリスの名物料理にすればよかったのに^^
Commented by j-garden-hirasato at 2015-12-30 06:30
「一番良い部屋」も、
バスタブはラブホ状態でしたか?
「これは正しいうどんではない!」
正しくないうどんって、
どんなんだったか気になりますねえ。
お店の写真とか、
ないのかなあ。
Commented by ZZR1100h at 2015-12-30 21:58
★たにやん。
つっても全く知らない道でもないし
ハイドパークの中は、結構楽しめるんすよ。

例のうどん屋はね。
店に入った時から、うどんの雰囲気がなく
店主はアラブ系、器は丁度日本でいうカップヌードルのような形状の発砲容器
サイドメニューにサラダとか、よく解らないものが売られてたので
瞬時に「これはうどんではない!」と判断しました。
Commented by ZZR1100h at 2015-12-30 22:02
★ j-gardenさん。
いやはや、【あやしいうどん屋】については
たにやんへのコメ参照ということで・・・・m(__)m

>バスタブはラブホ状態でしたか?

さすがに三色で回転する照明は有りませんでしたが
あのジャグジーは、ちと遣りすぎですな~。
毎度ながら、面白いトコロですわ。


<< Paddington 2:Ke...      Rhodes Hotel (2... >>