英国紀行

zzr1100h.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 12日

Minack Theatre(2018.5.26)

f0294370_22192101.jpg
f0294370_22192365.jpg
f0294370_22194606.jpg
f0294370_22200091.jpg
f0294370_22200193.jpg
f0294370_22195824.jpg
f0294370_22195650.jpg
f0294370_22195479.jpg
f0294370_22195783.jpg
”Minack Theatre(ミナックシアター)”
ここって一人の女性が、
50年もの長い時をかけて完成させた
劇場なんです。

女性の名前は、”Rowena Cadeさん”と言いまして
1893年に生まれ、1931年よりシアター製作に着工
その生涯を閉じるまでの約50年間、
すべての情熱をミナックシアターに捧げていたと言われています。

先ず、ここへ行くまでの
バスの道ですが・・・・
昨日同様に約1.3車線の対面通行なので
バスの時間はイマイチ。

そんな道をバスに揺られて到着したのは
1枚目の写真の左下
写真を遥かに超えた左の方に
バス停がありまして
ここへ上がる舗装された長い上り坂を
テクテクと延々と歩いて上がるか
崖下の未舗装のハイキング道?
(とは呼べないかも?しかも途中の上りの崖からケモノ道だし)
をテクテク&ヒーヒー&ひぇ~と
叫びながら登ってくるかのどちらかです。

まあ、舗装アスファルト道は車の為の道と考えて
崖を登ってくる方が、気分的にもキモチ良いことは
NINJAの請け合いです!

ん?「アンタ忍者だからだろ?」って?

いやいや~そんなことないですよ~。
恐いけど、めっちゃキモチの良い道ですよ~。(笑)

そして崖の上に着いたら
まず2枚目の風景が眼下に広がります。
そして、ミナックシアターの入り口。
少しだけ、ほんの少しだけ無料の箇所もありますが
それは”ネコノヒタイ”
入場料はバス1日券とかの割引券を見せて
大人1人4£。

値打ち大いにあります。

そして、5枚目の写真をご覧ください。
石で作られた座席の背もたれ部分。
これ、今までここで演じられた演目が掘られてありまして
この日も”ジーザスクライスト スーパースター”
用意をされていました。

おもしろそうだったのですが
この後(結局、バスの時間の都合で止めることになるのですが)
初日に取りやめになった”Land's End”に行くつもりだったので
それは観ずミナックシアターを後にしたのですが
ここで何がしかの演劇を観るのなら
ココに泊まる必要がありそうですね。

な~んてヨメと話をしながらバス停に着き
20分程待ったところで”Land's End”行きのバスが来たので
乗車の際に一応、運転手に
バスの行先を聞いてみると・・・・・

”Land's End”には行かずペンザンスへ戻るという。

いやたしかバスのタイムテーブルだと・・・
とは思うが、運ちゃんがいうのだから
間違っているのは・・・・・私達。なんで?

折角だから”Land's End”行きのバスを聞いてみると
「次のバスだよ。」って・・・・
軽く言うけど
次のバスって2時間後だしこのバスだって
20分ぐらい遅れてるじゃん!
んなもん待っとれるか!
ということで、この日も”Land's End”は諦め
ペンザンスのスーパーで
今晩の晩御飯と明日の朝ごはんを買って
この日もペンザンスからバスでマラザイアンへ帰りました。

あ!そうそう、今日
マラザイアンホテルをチェックアウトし
今日からの3泊はコテージでの生活となります。

つまり、マラザイアンでの一時的な我が家ですね。





Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Film Simulation(Velvia)

[PR]

by ZZR1100h | 2018-06-12 23:09 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://zzr1100h.exblog.jp/tb/29848957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-13 06:58
「50年もの長い時をかけて完成させた」って、
そんな人がいるのですか。
1931年からって、
38歳のとき、何があったんでしょうね。
しかも、こんな場所で。
確かに、景色は最高ですが…。
「その生涯を閉じるまでの約50年間」
ご自身では、上映を見ていないということですか。
自分には考えられないことですね。
Commented by mariko789 at 2018-06-13 14:46
”Minack Theatre(ミナックシアター)”
一人の女性の50年間にもわたる情熱の賜。凄いですね!
いい意味の執念、イギリスらしい。
入場料£4は破格と思います。その稀少さから考えて。

>今までここで演じられた演目が掘られてありまして

凄いわね。そういうアイディア!
イギリス人ってなにかを「残そう」という意思が強いように思う。
3枚目と最後の写真、臨場感が良いですね♪
Commented by ZZR1100h at 2018-06-13 21:14
★ j-gardenさん。
どうもこの辺りでシアターの建設が流行ったらしいですが、何も土地代が安いからって
こんなところに作らなくてもね~。

とか言いながら
喜んで観光させてもらってるんですけどね。(笑)
Commented by ZZR1100h at 2018-06-13 21:18
★marikoさん。
>>入場料£4は破格と思います。

いやいや、私等は2日間乗り放題のバス券を持ってたから、いくらかの割引が受けれたということで
プロパーだと6~8£ぐらいかもわかりませんよ。

まあ、それでも値打ちはあると思いますけどね。

>>凄いわね。そういうアイディア!

フフフ。
そういうところも見習いたくて
イギリスに行ってま~す。(笑)


<< Et cetera      Marazion 1 (201... >>