英国紀行

zzr1100h.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 22日

Paddington(2018.5.30)

f0294370_21344426.jpg
f0294370_21344200.jpg
f0294370_21343615.jpg
f0294370_21343301.jpg
f0294370_21343108.jpg
エクセターで昼食の
午前中の内に出て
13時頃パディントンに到着。

というのも、明日は南下し”Rye”を目指すので
そのために今夜はパディントン、つまり私等の常宿で
皆さんご存知の
そう!
ロードスホテルに一泊することになっているのです。

重い荷物を提げ
ロードスの玄関を入ると
そこには、ステファノがおり
ボンジョルノォーっ!
そして、その奥には・・・・・
オーナーのクリスが!

と、ここまでならいつものロードスなのですが
今回、日本からコンタクトを取るにあたり
クリスに教えてもらった通りに
クリスのPCにメールを送ったのですが
その返事がどこかおかしいとヨメ。

その後、部屋の支払いも終わり
カード会社からのレシートでも
ロードスの社名が変わっており
いや、それは、確かにロードスのものであることは
一見して解るものなのですが、クリスからのメールの事もあったので
ヨメが再度、クリスにメールを送り
社名について質問するも
返答が帰ってこない。

そして、今度は同じアドレスに
”ロードスホテルスタッフ様”として送ると
すぐさま帰ってくる。
そう、変更された社名に問題はなかったのですが
問題なのは、クリスに何かが起きているのではないかというのが
ヨメのヨミでした。

その後、日本を出てパディントンに着いたその日に
ロードスで私等の対応をしてくれたのは
後で判ったことですがクリスの娘さんと
シャアという男性で、この時
娘さんのビビアンにクリスの事を聞くと
彼の足は弱っていて、今は歩かなくていい所で
ロードスの仕事をしているとのことだったので
少し心配でしたが、そういうことなら
会えなくても仕方ないと
半ばあきらめていたのですが・・・・・

まさか、私等に会いに来てくれるとは
思ってもみませんでした。

というのは、いつもは姿を見せない彼の奥様が
今回、ロードスのロビーに来られていたんです。
つまり、良く考えすぎかもしれませんが
クリスがどうしても、あの日本人に会いに行くというので
奥様が付き添ってきたのではないかと・・・・

で、クリス、言ってました。

「最近は病院通いだよ。」
と、その右手には杖を・・・・

そして、もう一つ大きなサプライズ!

えっとですね。
まず、Booking comからの予約だと
部屋の希望は伝えられても
部屋を指定することはできません。
故に値段相応の部屋にしか当たりませんが

これはもう、ステファノの采配でしょう。

たった1日ですが
大きな部屋、しかもバスタブ付きの部屋を
破格で貸してくれました。


さて、まだ外も明るいので
ポートベローとリトルベニスへ行ってきまっす!






Ninja
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-E1
XF 23mm/f1.4 R
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Film Simulation(Velvia)
Film Simulation(PROVIA)
Kenko CIRCULAR P.L

[PR]

by ZZR1100h | 2018-06-22 22:14 | England 2018 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://zzr1100h.exblog.jp/tb/29890471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ai-3sun at 2018-06-22 22:52
パディントンのロードスホテルはninjaさんの
第2の故郷みたいですね♪

写真の木々も建物も美しいです!!

↓(前の)写真のオープンカフェのクロテッドクリームも
とても美味しそうだったり、パブの雰囲気も素敵だし♡

食いしん坊なので、どうしても食べ物に目がいってしまうw
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-23 04:42
写真の建物がロードスホテルですか?
体調が悪いのに、
わざわざ出迎えてくれるなんて、
嬉しいですね。
しかも、大きな部屋まで。
クリスさんにとって、
よほど印象が強いNinja夫妻だったようです。
いつまでも、お元気でいてほしいですね。
Commented by mariko789 at 2018-06-23 14:30
葉っぱが分厚く絡まった木々、壮観ですね!
パディントンは何度も行ってるのに、見たことない気がします。
今年はイギリス北部は雨に祟られて木々も弱っているのにロンドンは問題なしだったのね。

オーナーのクリスさん、わざわざ会いに来てくれて、嬉しいじゃないですか♪
常連になると、友情も芽生えるのかな。
バスタブ付きの部屋を破格で!!良かった、良かったヾ(^▽^)ノ
Commented by ZZR1100h at 2018-06-23 21:09
★aiさん。
まいどぉ~。

>>パディントンのロードスホテルはninjaさんの
第2の故郷みたいですね♪

ですね。
ここは余程でない限り必ず立ち寄ることにしてますし
パディントン駅やハイドパークまで徒歩5分
しかも、ヒースロー空港から電車で30分という
好立地な割に宿代が安いんですよ。
今日の日記に出てくる、ポートベロー、リトルベニスも徒歩圏ですし、20分ほど歩けばヴィクトリア駅、バッキンガム宮殿(しかも道中はハイドパーク)ですしね。

それに何と言っても、ここのスタッフの人柄の良さと朝食に出てくるコーヒーの美味しさですね。

>>食いしん坊なので、どうしても食べ物に目がいってしまうw

イギリスといえば必ず
「食べ物・・・・美味しくないんじゃあないの?」って聞かれますが、それはもう大昔の話ですね。
海外ですから、日本人の口に合わないモノというのは
必ずありますし、今回も妙な”うどん”を食べましたが
その傍ら、ロンドンシティで、うどんを焼いてる・・・・いわゆる”焼うどん”を作ってる日本人のオッサンがいたりして・・・・(あれは、絶対に美味いと思う。)
ヤッパ、そんあこんなな文化の違いを見に行くって
おもしろいですよ。(笑)
Commented by ZZR1100h at 2018-06-23 21:16
★ j-gardenさん。
いや、ロードスではありませんが
これと同じデザインですね。

>>クリスさんにとって、
>>よほど印象が強いNinja夫妻だったようです。

彼ね。
日本人が好きなんですよ。(奥様は韓国人ですしね)
ほら、ギリシャ人って日本人贔屓ですから。
それと2回目に行った時に
みんなで写した写真をあげたので
かなり強く印象に残ってるんでしょうね。
(これ、一つの手です。(笑))

でも、まさか出迎えてくれるとは
思ってもみませんでした。

>>いつまでも、お元気でいてほしいですね。

今は長男と娘さんが経営に加わってるようで
両方にも一応、顔は売っときましたが
クリスもステファノもいなくなったら?
私等も判らないですね。
Commented by ZZR1100h at 2018-06-23 21:21
★marikoさん。
>>パディントンは何度も行ってるのに、見たことない気がします。

本当に良かったですよ。
少々飛行機代が高くても、やはりこの時期が良いですね。
私の中でのパディントンといえば
積もったプラタナスの枯葉を踏みしめて・・・・
という印象しかなかったので新鮮でした。

>>常連になると、友情も芽生えるのかな。

ハハハ。
あるでしょうね。
今回、ネットには出しませんが
彼らと写した写真もありますが
ステファノのおどけた表情なんて
今回が初めてでしたもん。
オモロイオトコですわ。(笑)


<< Portobello Mark...      Exeter 3 (2018.... >>