人気ブログランキング |

英国紀行

zzr1100h.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

Heathrow~Paddington(2015.11.18)

f0294370_2243197.jpg



f0294370_22425275.jpg


まず、本題に入る前に・・・・・

飛行機のチェックインについて・・・・・
搭乗日前日、私らが搭乗する飛行機の予約状況を見てみれば
ほぼ満席に近く、夫婦別々の座席になると思われましたが
当日のチェックインの時、
念のために自分達の希望を伝えてみると・・・・・

窓際を避けた通路側の隣り合わせた席
最前列で足を延ばせて、組める席(予約したら1万円以上追加になる)を
タダで確保!(ルフトハンザは良い航空会社です。)

まあ後から考えてみると
全ての乗客が、有料で席を予約しているハズもないので
自分の希望を言えば、かなりいい席が取れても不思議はないですね。


さてと本題です。(笑)

約11時間のフライトで
ドイツはフランクフルト・マイン空港に到着し
ワケの解らないままに人の後をついていくと税関へ・・・・

すると税関の職員は
「キミたちはここではないから、急いで向こうへ行きなさい。」

そう・・・・・
EUというの一応、一つの国なので
シェンゲン協定の協定国へ行く場合は
中継国で通関され、その後は、パスポートの提示なく
各国へ自由に渡航できるのですが
私等が行くイギリスは、EU加盟国でありながら
このシェンゲン協定には非協定なので
最終到着国であるイギリスで通関となるわけです。
【シェンゲン協定】

つまり、煩いフランクフルトの税関を通らなくてもよい・・・・
小躍りしながら次のゲートへ・・・・

ここから、ロンドン・ヒースロー空港までは
小型機で2時間強。
ロンドンに着く頃には、街には様々な光が・・・・・
(写真:ロンドン上空から)

ヒースローからパディントンまでは
(おなじみのロードスホテル)
TAXIで!
と言いたいところですが、これが£45とかなり高額!
それならば!ということで電車を調べると・・・・・・

ヒースローエクスプレスとヒースローコネクトというのがあり
ヒースローエクスプレスはパディントンまで直行で
本数も多いが値段も高額。
それに対し、ヒースローコネクトは5駅ほど止まるけど
値段はヒースローエクスプレスの半分ほどで
本数は30分に1本程度。

まあ、辺りが暗くなったとは言え
まだ18時30分頃だし、パディントン駅からロードスホテルまでは
知らない道でもないしとタカをくくったのが大きな間違い!

ということで、安いヒースローコネクトを選択。
しかも、往復乗車券だから、更にお得!

そして、ホームへ降りて待つこと20分。
ある種、無事に着いたという安心感となつかしさに
心躍らせながらパディントン駅に到着。

改札を出、駅を出たまではいいが・・・・・・
前に出た場所と違う・・・・・・・マヅイ!
駅にある地図を見るが、現在地が書かれてな~~~~~~~~~~~~~~~~~い。
人に聞き、現在地は教えてくれたが、その人自身、【北】がどちらなのかが解っていない。

で、ヨメが取い出したるは
ロードスホテルから送られてきたという、
ひじよぉ~~~~~~~~~~~~に、ファッショナブルに描かれた地図。

全く解らんじゃん!←【判】ではなく【解】ね。

となれば、薄れかけてる記憶だけ
しかも、迷いながら見つけた道順・・・・・・・

そうして、重たい荷物を持ち
パディントンの街を彷徨い
ようやくロードスに到着したのは、20時を超えていました。
(ちなみに、ロードスから駅まで、徒歩で5分の距離でした。)

あぁ~始めっから、こんな調子かい!

ps:
地図は日本語で書かれた普通のものが
一番使いやすいです。(笑)


Heathrow Airport

Heathrow Express

Heathrow connect


Ninja
Photo Warehouse
Postscript>
~撮影機材~
FUJIFILM X-M1
XC 16~50mm/f3.5~5.6 OIS
Film Simulation(PROVIA


by ZZR1100h | 2015-11-30 23:37 | England 2015 | Trackback | Comments(4)
2015年 11月 29日

Season OFF?(2015.11.18)

f0294370_20201974.jpg


今回の渡英を予定したのは
前回の帰国からだった。

いや、正確には前回の渡英の最中からだった。

つまり、3年前から・・・・

そして、航空運賃が季節によって大きく変動することを知ったのが
もう少し後の事だった。

それならば、先ずは航空運賃の変動を見てみようと
思いついたのが、去年の11月頃の事だった。
邦人がIS団(イスラム国)に拉致され、殺害された後などは値段が下がり
逆に天候が穏やかで華やぐ季節などは
法外と言ってよいほどの値段になっていた。

つまり何らかの情勢とか、季節的な理由に伴い航空運賃も上下落している様だが
渡英を予定していた前の月ぐらいから
殆どの航空会社に妙な動きが見られた。

一向に値段が下がらないし
それどころか、普通の値段よりも高いのに
トランジットが2回もあったりと
どうも値段の動きがいつもとは違っていた。

そんな中、今まで使ったこともない航空会社を調べてみると
若干高いが、理想に近い飛行機があり
それでも、1日違えば予約が取れなかったかもしれない状態で
結局、飛行機の予約が取れたのが
渡英の2週間前という状態になった。

初めの段階からこんな調子で、私等は無事日本に・・・・・www

さて、今回の【英国紀行】
どんな話になりますか!

サプライズアリ 個性的な宿アリ
さて、テロ真っただ中なフランス、ヨーロッパ!

こうご期待!(笑)



【Lufthansa】

【FINNAIR】

【KLM】


ps:
今回は【Lufthansa】さんにお世話になりました。
楽しかったですよ~。

by ZZR1100h | 2015-11-29 21:06 | England 2015 | Trackback | Comments(6)